HOME > ギャラリー:整備・メンテナンス > アウディTT 8J BWA 整備

ギャラリー

アウディTT 8J BWA 整備

アウディTT 8JBWA 2.0TFSI です。

地元の方です。

以前、奥様の車の修理でお世話になっています。

今回の修理をきっかけに常連さんになっていただけました。

エアコンが効かないから何とかしてほしいとの連絡があり入庫していただきました。

エアコンの修理だけではではなく次から次へと要交換部品が出てきました。( ノД`)シクシク…

この車両はもともと当社以外で整備をされていたので履歴は不明です。

車検時の請求書があり、エンジンオイルとドライブシャフトアウターブーツの交換程度しか記載がないので色々と探ってみます。

その他の作業で、


DSGフルード交換  こちらをクリック!

レンズリフォーマー施工  こちらをクリック!

をさせていただいたのでよろしければご覧ください。

走行距離は約100000km。

エアコンの診断の結果はコンプレッサー不良です。

コントロールバルブが動いていないのでガスが回っていません。

コンプレッサー交換になります。

海外ではコントロールバルブ単品で部品が手に入ります。

ですが距離も距離ですので社外コンプレッサーを使い、お値打ちに修理します。

焼き付いたわけではないので幸いにも配管内の洗浄とエキスパンションバルブの交換、リキッドタンクの交換等はなしで行きます。

社外の新品コンプレッサーです。

お値打ちではありますが結構お値段します。( ノД`)シクシク…

テスト用のオイルの残りが微量しか残っていないので規定量のオイルを注入して取付後、エアコンフレッシャーで手動モードで長めに真空引きしてガスを規定量充填します。

ガス圧のみの感覚によるマニホールドを使っての充填ですとコンプレッサーの寿命が一気に縮まりますよ。

エアコンは完治しました。

ついでにエアコンフィルターも交換しました。

コンプレッサーの交換と並行してタイミングベルト等の交換を行います。

写真の順番はバラバラですがご了承ください。

このエンジンはクランクシャフトに直接プーリーがとまっていないのでセンターのボルトを外さなくてもタイミングベルトは交換できます。

ですがこの車両はオイルシールからの漏れがあるのをベルトカバーを外す前から下から見て分かっていました。

とにかくセンターのボルトが強烈なトルクで締まっています。

オイルシールも交換ですのでこいつも取り外します。

LLCを排出、邪魔な物を外したりよけたりしてベルトカバーを外します。

ウォーターポンプから漏れあり。

交換です。

別アングルです。

ベルトの右隣にLLCのツララができています。

私が気になっていたアンダーカバーのオイル溜り。

後方のメンバーまで飛び散っています。

オーナー様は漏れを気づいていませんでした。

カバーを取り外すとドレンボルトの辺りからも漏れています。

取り合えずエンジンオイルを抜きます。

原因はドレンボルトの過締めです。

オイルパンがアルミなのでワッシャーの形状の溝がガリガリにできています。

普段からガソリンスタンドでオイルは交換されていたようです。

大量に漏れていたので、この段階でなんとかできてよかったです。

オイルエレメントも交換。

何回使いまわしたか分からないドレンボルトを交換。

セットボルトですのでワッシャーのみの部品は出ません。

エンジンオイルレベルゲージも劣化しすぎてツメが割れているので交換。

クランクシャフトのオイルシールを外しました。

新品のオイルシールです。

リップが二重になってる特殊な形状をしています。

異形のオイルシールでもお値段高すぎです。

セット用のスリーブにはまっていますので外れないように上手ケースに装着します。

ウォーターポンプを外します。

アイドラプーリー、テンショナーも交換。

外したウォーターポンプです。

奥が新品です。

たとえ漏れがなかったとしてもタイミングベルトと同時交換がベストです。

ご存知の方が多いと思いますが、ここまでバラさないと交換できないので、後から交換すると工賃が2倍かかると考えてもらえればいいです。(LLCも再度交換になります)

サーモスタットも交換しておきます。

画像中央の黒い縦長の樹脂の部品です。

後々、高確率でオーバーヒートかオーバークールで交換になる部品です。

ハウジングに内蔵されているので丸ごとの交換です。

結構外しにくい作りしてます。

サーモスタットを取り外したところです。

手前が新品、奥が元々ついていたサーモスタットです。

新品のサーモスタットを取り付けました。

続いてタペットカバーパッキンの交換をします。

1番のイグニッションコイルがオイルでベタベタになっています。



プラグホールのパッキンもセットで交換します。

まだ軽度な漏れの状態で発見できてよかったです。

カバーを取り外してパッキンを交換します。

エンジン内部はそこまで汚れていないのでオイルメンテナンスはそこそこ行われていた車両かと思われます。

プラグはオーナー様ご希望のNGKプレミアムRXプラグに交換します。

イリジウムプラグのワンランク上でルテニウムという新素材を電極に使用しているらしいです。

NGKで最強のプラグらしいです。

イリジウムよりか若干ロングライフですよ。

すべてのエンジン関係の部品が組み終わり、LLCを注入、エンジンオイルは迷われていたので、私はプロステージS40をおススメさせていただきました。

私はワコーズのエンジンオイルの中で一番おススメできます。

ワコーズのページより引っ張ってきました。

次世代ベースオイル技術3Dテクノロジーと定評あるリキッドセラミックステクノロジー(LCT)がシンクロした快適な走行フィーリングにレスポンス性能と耐熱ダレ性能を両立した4サイクルストリートスペックエンジンオイルです。

これだけではなく洗浄性能が非常に高く、エンジン内を長期間にわたってキレイに保つことができるオイルなんです。

S30は20Lで常に在庫があるのですがS40は当社での需要の関係で4L缶の取り寄せで対応させていただきました。

さらに運転席のドアロックが解除できないことのことです。

室内のスイッチからであれば開錠できる状態です。

結果、運転席ドアロックアクチュエーターの故障です。

ドアロックアクチュエーター交換。

この車両の定番故障の一つです。

あとはテールランプユニットの接点不良による焦げでの点灯不良ですかね。

この車両は大丈夫でした。

新品のドアロックアクチュエーターを取り付けて修理完了。

問題なく作動します。

修理完了です。

今回交換した部品です。

すべての整備が完了しました。

部品の仕入れの関係で時間がかかってしまいましたがバッチリと直りました。

これでしばらくは安心して乗っていただけると思います。

ヘッドライトもキレイになると印象がかわりますよね。

色々とご用命ありがとうございました。

輸入車の修理も愛知県豊明市のM’s Factoryにお任せください!!

前のページに戻る